ついに見つけたぞ!

などと大層なタイトルを付けましたが、中身は大したことはありません。

minneで販売しているクッキー型が、12種類揃う目途が付いたので、
セット販売の仕方について最近試行錯誤していました。

1個ずつ袋型のエアパッキンで覆う方法、薄手のパッキンで包む方法、箱に入れる方法などなど。
セット販売で使う大きな箱はminnneで販売しているネコポスの箱を試しに買ってみて、
サイズ的に問題ないことを確認できたので、これで決定。
あとはその中に収納する方法の検討です。

仕切りを3Dプリンターで作るという方法もあったのですが、3Dプリンターの稼働は
なるだけ商品の製作に限定しておきたいという思いもあったので、それは除外しました。

で、試行錯誤の結果として、紙で箱を作るということにしました。
ただ、その紙がいいものがなくて。。。

まずは毎度お世話になってるダイソーに行ってみて、画用紙と厚紙を見つけました。
画用紙は紙厚が0.1㎜あるかないか、厚紙は0.8㎜程度。
薄すぎ、厚過ぎでちょっと思ったものと違う。

色々検索して調べると、紙の厚さを示す単位というか数値は「坪量」というらしく、
求めている紙厚はティッシュの箱に使っている紙くらいの厚さ。
これを坪量で言うと、200~300くらいらしい。

近くのホームセンターにダメ元で行って探してみたところ、坪量186という画用紙がありました。
これはご丁寧に厚さ0.3㎜と書いてあって、まさにばっちりですv(o゚∀゚o)v

家に帰って、箱の型に合わせて買ってきた画用紙をカットし、箱を作ってみると
箱の強度もいい感じです^^

あとは、紙をカットするのにイチイチ定規を使うと面倒なので、型を3Dプリンターで作ろうと思います。
さすがにこれくらいは3Dプリンターユーザーとして作らないといけないので(笑)
スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント