3Dプリンター 造形における最大の問題

MAESTROの出力不安定の問題も一段楽した(ことにした)ので、いよいよ本丸に挑みます。

3Dプリンターで造形を行なっている人にとっては共通の問題ではないかと思います。

そう、あれです。

積層痕の始末の仕方!!

ここ数日は積層痕の消し方に対する処理を色々検索していますが、最適解に未だ至りません。
これは永遠の課題ですね。

UP Plus2は最小積層ピッチが0.15㎜、MAESTROは最小積層ピッチが0.05㎜。
0.15㎜よりは0.05㎜の方がピッチが細かいので積層痕も目立ちにくいという触れ込みです。
しかし、逆に考えれば、0.05㎜毎に積層痕ができるので傷だらけとも言えるのでは??

まぁ、私はUP Plus2もMAESTROも0.2㎜で造形しているので、ぼちぼち積層痕があります。

今、これはどうだろうということで候補に挙がっているのが、
1.やすりで削る。
2.リューターで削る。
3.モデリングコート剤を使う。
4.アセトンを使う。
5.マニキュア用のトップコートを使う。
6.パテで埋めた後、やすりで削る。

です。
意外とありますね。

このうち、1、2、5は試しています。
1は3Dプリンターモデル用やすりというものを見つけたので、それを使っています。
Tune3Dというやつです。
これは専用というだけのことはあって、ツルッツルになります。
値段もそこそこ。
しかし、やすりをかけてツルツルになるということは、積層痕を削るということです。
削るということは、削った粉が出ます。
これが積層痕に詰まっちゃうんですよね><
そのせいでいつまでたっても傷が消えません。
あと細かい部分にやすりをかけられないですね。余計なところまで削っちゃいます><

2も同様です。
細かい個所にやすりをかけるためのリューター用ビットがあり、それも購入して試してみました。
ツルツル具合は1のやすりには劣りますが、1000番のやすりまであるので、そこそこのツルツルにはなります。

しかし、粉がねぇ。。。

ちなみにリューターを使って1のやすりを使えば、細かいところに手が届かないか。。。
と、考えてみて試行錯誤しました。
リューターに付けるところまでは行けたのですが、このやすりは水を付けて使うタイプでして、
水をモデル側に付けてやすりを当てると、一瞬で飛散します(笑)
水を垂らしながら使わないとダメですね。
ただ、電気品に水を使うのは混ぜるな危険!、じゃない。感電の恐れと電気品の故障の原因になります。
さすがに怖いです。

5は、どこかのサイトで見かけたので試してみました。
トップコートで溶けると言うことだったんですが、全く溶けませんでした。
成分によるのかなぁ。。。

ちなみに4.
よく検索すると積層痕はアセトンで溶かせばOK!^^b
と出てきますが、これはABSに限った話。PLAでは使えないということのようです。
しかし、3Dプリンター アーモンドを販売しているところで表面処理用の装置も販売していますが、
これはABSもPLAもアセトンを散布させて溶かすとなっています。
なので、全くダメということではないんでしょうね。
しかし、しかしです。
アセトン。
ホームセンターに缶で売ってますが、見かけたので買ってみようと思いましたが用法・要領を見たところ
可燃性で危険物取扱資格がないと使っちゃダメって書いてます。
法を犯してまでやることではないので、購入は断念しました。
なお、アセトンはネイルの除光液とやらにも入っているとか。

もう、なにがなんだか、札幌わかめラーメンです(笑)

3.のモデリングコート剤は、3Dプリンター用表面処理用品として販売されています。(ABS,PLA可)
ただ、1万円弱。
容量がどの程度入っているのか分かりません。つまり、1万円が何個分か分からないということです。
さすがにコスパが合わない。
誰か試してほしい(笑)

6.はどこかのサイトで見たものです。
後から着色するのであれば、これが一番良作のようですね。
傷は削らず、埋める。  と言うことのようです。

確かにこれだと、すでに埋まっているのでやすりをかけて出た粉が目詰まりすることはないですね。
このパテは溶けパテというものだと液体なので刷毛で塗るようですが、刷毛を洗う洗浄液を別途用意する
必要があるようです。

ふむ、着眼点を変えるということも大切と知りました。

このことから、先に積層痕を埋めてからやすりで削るという方法が今のところ最適なように思います。

まだまだ検討は必要なようですね。

ちなみに、やすりで削るときは、積層痕に対し平行がいいのか、直交がいいのか、どっちがいいんでしょうね。
どう検索しても出てこなくて、ちょっと困ってます^^;
スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

アセトンについて

アセトンは薬局に印鑑と身分証明証を持っていけば一定量以下であれば合法に買えるそうです。

Re: アセトンについて

18歳以上であれば危険物取扱の資格を持ってなくても、それで購入は出来るみたいですね。
ただ、小心者なので危ないよって言われているものにわざわざ手を出すのはちょっとね^^;
換気とか後処理とかも面倒そうなので、少なくとも私向きではないかな(笑)
プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント