今日のMAESTRO君のご機嫌や如何に!

最近機嫌の悪い3Dプリンター 2兄弟ですが、特に機嫌が悪いMAESTROをなんとかせにゃならん
ということで、今日も機嫌取りを。

MAESTROの公式サイト(ユーザー限定)で配布されているMastering MAESTROによると、フィラメントの
出力が安定しない場合にチェックすべき項目というものがあって、その中にノズルが詰まっていると
言うものがありました。
それの対策としては、
 ノズルに0.3㎜のドリルを突っ込む。

なるほど~。

なぜ0.3㎜かというと、ノズルのフィラメント出力口が0.4㎜の穴になっているためです。

他のサイトでも0.3㎜の針金を突っ込むという記事を見かけたことがあるので、さっそく買いに行ってきました。

東急ハンズで売ってましたが、0.3㎜のドリル。

見えん(笑)

細すぎじゃ。

これで穴を開けることがあるから売ってるんだろうけど、一体誰が使うんだろう?

そんなことを思いながら、帰宅し、ノズルに突っ込む。

と思いましたが、念のため今の状態でどうかを確認してみようと、昨日までと同じものを出力。

うぃーーーーん、うぃ、うぃ、うぃーーーん

ほう、

ふむ、

そう、そこだ。

お?

おぉ。

あ~。

むむ。

訳の分からん文字の羅列じゃ誰も分かりませんね。


一部貼り付きの悪い部分があるもののなんとか印刷継続できそうだったので、そのまま印刷を続行しました。

ん~、そうなると何が何やらって感じですが、

ハード的には何も手を付けていない、ソフト的にも何も手を付けていない。
変わったのはなんだ?
気温、湿度などの雰囲気環境ですかね。

デリケートなやつめ!!

一応、造形も最後までできたので、ドリルを突っ込むのは止めて、引き続き様子を見ることにしました。

しかし、その印刷中にMAESTROのあちこちで

 ガガガッ
 バキッ

などの激しい音がしてました。

どこかのネジが緩んでいるのかなぁと思いながら動作の様子を見ていましたが、なんとなくノズルをノズルヘッドに
固定しているところが緩んでないか?

明日は、この辺の再チェックですね。
本当に緩んでいるとしたら、印刷中にビスが落下してくることも想定されるし、しっかり増し締めしましょう。

スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント