どうにも調子が悪いMAESTRO

ここ1週間程、3Dプリンターを使って印刷確認をしていてもMAESTROがどうにも調子が悪い。

どう悪いかというと、
1.出力したフィラメントがプリントベッドに定着しにくい。

2.出力するフィラメントが定量的に出力されない。
  出たり出なかったりでスカスカになる。(骨粗しょう症のような感じ)

1については、サイドファンの動作確認をしたときにプリントベッドを一度外したためZ軸の0点を再設定したので
その影響であろうと思っています。
なので、0点の調整をすれば治るのではないかと。

厄介なのは2

全く出ないなら手の施しようもあるけど、出たり出なかったりと安定しないのが一番困ります。
今まで問題なかったことから変わった個所を整理し、それぞれの個所を見直すというのが
定番の調査手順となりますが、やったこととしてはサイドファンのことだけ。

ん~、困りましたね。

あ、フィラメントを変えましたね。
サードパーティーのフィラメントから純正のフィラメントに。
純正のほうが状態が悪いというのも、なんだかなぁって感じですが、ほかにやることがないのでこれを
見直すしかないのが現状ですね。

一度フィラメントを戻してみるかなぁ。。。

明日以降この辺を調整していこうと思います。

直るといいなぁ、直さなきゃな><
スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも、はじめまして。
マエストロ2.5EXを組んだんですがヘットのサイドにあるファンが動かず。
ステージ配線側のファンも動かないのは配線間違えでしょうか?
説明書も見にくく大変でした。
よろしくお願いいたします。

Re: No title

ちーむさん
コメントありがとうございます。

サイドファンの動作ですが、私もマエストロ2.0を組んだ時と2.5EXを組んだ時の最初の
動作確認で動かなかったことがあります。

チェックすべき点としては、2点あって配線中継している端子です。(レバーでクランプするタイプ)
これは配線を奥まで差し込むと配線の被覆部分を挟んでしまうので、断線状態となります。
どの程度差し込めばいいかは、端子の横に刻印されている絵を参考に差し込めばいいです。

2点目は、基盤側の端子台の接続ミスです。これは基盤を設置してからの配線となるので
見づらいですが、端子台のクランプ部分にうまく配線がはいっていないケースが考えられます。
この端子台はクランプ部分がギロチン形状になっていて、ギロチンの開口部に配線を入れ、ネジを
締めることで配線が締まるという仕組みです。

これも1点目と同じく差し込み過ぎないこと、差し込み不足はネジを締めたあと軽く引っ張ってみると
配線が抜けそうになるので分かると思います。

参考になれば幸いです。

> どうも、はじめまして。
> マエストロ2.5EXを組んだんですがヘットのサイドにあるファンが動かず。
> ステージ配線側のファンも動かないのは配線間違えでしょうか?
> 説明書も見にくく大変でした。
> よろしくお願いいたします。

No title

どうも、返信ありがとうございます。
いわれたとおりにやってみましたら見事に動きましたw
ブックマークしてチョクチョク見に来ますので。
それこそ使用するアプリで何か情報はないですか?
よろしくお願いいたします。

Re: No title

無事に動いてよかったです^^

使用するアプリっていうのはCuraのことですかね。

色々ググったりしているけど、なかなか有益な情報は出てこないですね。
今のところは、記事にも書いたサポート使用時に色が混ざる件をどうにか
したいとTry & Errを繰り返しているところです。

折角2色印刷できるので、綺麗に色分けされたものを作ってみたいですからね^^
プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント