MAESTRO スライサーソフトによる出力物の差

デュアルエクストルーダでデュアル印刷をする場合にはCuraというスライサーソフトを使う
必要があります。
理由はMasteringマニュアルにも記載がありますが、Kisslicerではデュアル印刷ができないためです。
でもこれは無料版のみではないかなとも思いますが、素直にCuraで印刷します。

ではシングル印刷の時はどうなるのか、そこがちょっと疑問でした。

3Dプリンター(MAESTRO)としてはGcodeがもらえれば、それに従って動くだけなので
スライサーソフトが何であろうと基本的には関係ありません。
「基本的には」と言うのは、そのスライサーソフトの環境設定を使用する3Dプリンターに
合わせなければいけません。
自分でやれる人はいいのですが、出来ない場合は3Dプリンターメーカーが供給している
ものを使用するのがベストです。

おっと、本題。

同じオブジェクトをKisslicerとCuraを使って印刷してみました。

rps20170828_212508.jpg
左がKisslicer、右がCuraです。

見てのように、Kisslicerはぐちゃぐちゃですね。
なんでこんなにぐちゃぐちゃなのかさっぱり分かりません。
フィラメントの供給に問題があったのか、動作経路(Gcode)に問題があったのか。

大きい円の天板に差し掛かるまでは同じような出来ですが、それ以降の仕上がりに大きな差が
出ています。
これだけを見ると、Curaの方が圧倒的に良いように思えます。
しばらくはMAESTROを使用するときはCuraを使って見ようと思います。
実際問題、シングルだから、デュアルだからと言う理由でスライサーソフトをイチイチ変える
のは面倒ですからね。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント