MAESTROのデュアルエクストルーダのフィラメント詰まり

MAESTROのデュアルエクストルーダを導入して初めてフィラメントが詰まりました。

出力中に突然、ガガガと。

フィラメントを送ろうとしても詰まって送れない時の状態ですね。

やれやれ、詰まったかと思いプリンタを見てみると、

あれ? これはどうやって詰まったフィラメントを取り除くんだ?

シングルの時はテフロンチューブが1本で直接ノズルと繋がっていたので、

エクストルーダ側のフィラメントを切断して、ノズルを昇温したのち、フィラメントを引っこ抜くと言う方法や
ノズル上部で切断したのち、ノズルを分解して対応出来てました。

今回はと言うと、フィラメントが2本ノズルの上で合流しているので、その部分をバラすとテフロンチューブが
緩んでなんとか取り除くことが出来ました。

そのあとの復旧がまた面倒でした^^;

フィラメントの詰まりは起こるべくして起こるので、どうしようもないですが、簡単に復旧できるような
構造にしておいてほしいと思いました。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント