ノズルの温度が下がる?

Kodama Trinusで印刷をしているとノズルの温度が勝手に下がることがあります。

Trinus Japanのフォーラムでも話が上がってるようですが、原因は一体なんでしょうね。

フォーラムの内容を見る限り、ヒーテッドベッドを使用している場合、電源容量不足でヒータの出力が
落ちるというもの。
対策としてACアダプタを容量アップしなくては!となっていました。

まぁ、本当に容量不足であればACアダプタの容量アップしなきゃ解決しないのですが、私の方に起こっているのは
上記の温度が下がるというものと、温度設定値が下がるというもの。

現在温度が下がるのは、先の電源容量だったり、温調制御をしているから仕方のない部分もありますが、
設定温度が下がるのは意味が分からないです。
この温度で印刷しますよって設定してコードを作っているのに、なぜ印刷途中で下げるのか。

現象を確認したのは、210℃で出力中、230℃で出力中の2種類です。
設定値が下がれば当然現在温度も追従して下がる。
これはACアダプタの容量の問題ではないので、別の要因でしょうね。
バイナリエディタでpcodeの中身を見てみましたが、gcodeと違いぱっと見で分かるような感じではありませんでした。

200℃では下がることはないのにねぇ。
もしかしてTrinusは200℃専用マシーンなのかしら。。。

よく分からん。まだまだ要調整のようです。


それとPolyFlexを使って印刷してみました。
ちょっと問題があって印刷は途中で停止させたのですが、一応使用することは出来ました。

ただ、やはりフニャフニャなのでフィラメントをセットするときにちょっと手こずりますね。

ちなみに問題があったと書きましたが、何かというと、最初は順調だったのですが途中でエクストルーダの
モータに絡まったようでした。
ギャーって鳴ったので;;

おそらく、フィラメントリールの送りが悪くエクストルーダは引っ張るけどフィラメントが来なくて、中で切れちゃって
それをエクストルーダがさらに巻き込んだってことだと思います。

まだフィラメントリールの置き方を決めてないので早く決めて安定させた方がよさそうですね。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

  

  

コメントの投稿

非公開コメント

温度の低下について

こちらもトライナスのユーザーです。
いつも拝見さしていただいてますharuです。
温度低下の原因のひとつとして
冷却ファンの回転スピードがあるとおもいます。
わたしはSimplify3Dをつかっているのですが
そこでファンのスピードを下げたら解決しました。
あとは、ACアダプタの容量不足もあるとおもいます。
私は現在12.5AのACアダプタを別で購入し
差し込みプラグがあわなかったので
配線を小加工して動作さしています。
現在この辺のトラブルはなくなりました。

Re: 温度の低下について

haruさん

閲覧ありがとうございます^^

温度低下の原因は仰る通り、冷却しすぎ(冷却ファンの回転スピード高い)、昇温能力不足(電源容量不足)ですよね。
それ自体は私も制御系の仕事をしていたので分かるのですが、設定温度を勝手に下げてしまうのはちょいと
いただけない。

フォーラムにそういう投稿がないことを見ると他ではそういう事象は出ていないのかなぁ。。。
プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント