MAESTRO デュアルエクストルーダの色混ざり検討中。。。

なかなか先が見えないMAESTROの色混ざりの対策ですが、前回の改善以降
色々なサイトを見てみても同じような症状に悩まされている人は見つかりません。

諦めてる人が多いのかな?

それとも俺が神経質すぎるのかしら?

同系色では色が混ざっていてもさほど気にならないでしょうが、そうでない色(例えば
白と黒)だと明らかに望んだ物とならないため出来栄えとしては0点となってしまうと思います。

動作としては、現状のWipe & prime towerを使うしかないとすると、それを前提にして
色が混ざらないように対策を打つとすれば、Wipe&Prime tower volume per layerの値を
大きくする以外にないと思います。

ただそうすると、必然的に消費フィラメントがかなり増えるのでできれば避けたいところです。
Wipe&Prime tower volume per layerを大きくせずになんとかならないか。。。

色が混ざるということは、ノズル内の前のフィラメントを押し出し切れていないということ。
つまり新しいフィラメントの挿入量が不足しているということです。

そのためにWipe&Prime tower volume per layerで対処しようとしているのでしょうが、
この値を大きくするとフィラメント消費量が増えるし、造形時間も大幅に長くなります。

他の方法でフィラメントの挿入量を増やせないかと調べてると、FilamentのFlowを変えると
全体のフィラメント量を変えることが出来るみたいです。(初期値100%)

全体のフィラメント量が変わると造形物にも影響してくるので、そこは避けたいところ。
となると、100%で作ったGコードとFlowを変えたGコードを組み合わせればいいのでは?と
悪魔のささやきがありました(笑)

maestro_Gコードチェック

比較すると100%ではWipe & prime towerを作る際23mm程度のフィラメント挿入量ですが、
110%にすると25mm程度フィラメントを挿入します。2mm分余計にノズル内を綺麗にして
くれるということです。

110%が適正値かどうかはTry & Errが必要でしょうが、これで試してみる価値はありそうです。

ただ、Wipe & prime towerを作るコードを全てこれに置き換えなきゃなので、かな~~~~り
手間がかかります^^;

他に手もないのでやるしかないですね。

スポンサーサイト

MAESTRO Simplify3Dが使えるか

スライサーソフトウェア Simplify3Dと言うものがあります。
CuraやKisslicerは無償(Kisslicerは厳密には有償版もあり)ですが、Simplify3Dは有償です。
DDDJapanでは19,440円で販売されています。

このSimplify3DがMAESTRO 2.5EXで使えるのかどうかDDDJapanに問い合わせをしてみました。

問い合わせ内容はこちら。
<MAESTRO問い合わせ

回答はこちら。
MAESTRO問い合わせ2

端的に言うと、使えませんと言うことです。

ノズル2本タイプの3Dプリンターでは使えるようですが、ノズル1本で2色印刷を行うMAESTRO2.5EXでは
ダメなようです。

ただ、この回答で気になることが1点。

「Paletteというハードウェアを持っているか?」

ん?

なんですか、それ?

親切にもリンクがあったのでポチっと。

Palette.png

え~と、なになに。

力技で4色対応にする。

ほー、すごいですね。

記事を読んでみると、最大4本のフィラメントを造形する内容に応じてPaletteという装置(写真の白い箱)に
装着して、切って、繋げてを行なって1本のフィラメントにするという物のようです。

なんとも面白そうな代物ですね。

評価とか気になってググってみましたが、全然出てきません。
これと同じような紹介記事や既に終了したクラウドファンディングのサイトとか、そんなんばっか。
そんな中、記事の中に開発した会社のリンクがあったのでポチっと。

海外サイトですが正式に販売しているようでした。
気になるお値段は、
Palette2.png
$799 USD。現在の相場でいうと約9万円。

さすがに高いですね。これで使えないものだと目も当てられない。
そういう意味でも評価が知りたいなぁ。

まぁ、こういう物もあるんだなと記憶の片隅に置いておいて、調整に励みますかね。

MAESTRO デュアルエクストルーダ 2色印刷

MAESTROの2色印刷について色々やっていますが、設定に関して大きな見落としを発見してしまいました。

そこを修正してみた結果はこちらとなります。

rps20171016_220702.jpg

左から、Wipe&Prime tower volume per layerが50、90、50
左から、修正前、修正前、修正後

詰まり、一番右が修正後です。

左2つは前回の記事で使用したもので比較対象としました。

目視しても完璧とは言えないんですが、かなり改善されていると感じてます。
左2つの下側は赤みが多いですが、修正後はほとんど感じられません。よく見るとまだありますがね^^;
上部の斜めになっている部分、こちらも同様に赤みの量が修正後はかなり減っています。
ただこちらはまだまだという印象です。
1レイヤーがそのまま赤っぽい部分もあるしね。

で、肝心の何の設定を変えたかと言うと、
maestroデュアル設定2
FilamentのDiameter2です。この設定は読んで字のごとく、フィラメント2(右側)の直径です。
なぜか修正前は「0」になってました。

公式のユーザーサイトで配布しているMastering日本語版Ver2.3と一つ一つにらめっこをしていたら、
いくつかそれに記載のある設定値と異なるものがありました。
2色印刷に直接関わる設定としてDiameter2がありました。

最初に使うときに一通り照らし合わせたと思っていたんですが、抜けていたんですかね。

逆にこれが0なのに、いままで印刷出来ていたことが不思議でもありますが、それは置いておいて
多少でも改善されたことを喜びたいと思います。
この辺が限界なんですかねぇ。

個人的には、印刷開始前にフィラメントの切り替えを行なうんですが、それと同じことをすればいいんじゃ
ないかなぁと思うんですけどね。
イメージとしては外枠だけのPrime Towerを作ってに、中に一定量フィラメントを捨てる。
捨て終わったら外枠を一周書いて、印刷に戻るという感じ。
そうすると確実にフィラメントを押し出すし、垂れたフィラメントも一度Prime Towerに塗り込むことで造形物
には影響を及ばせないことにならないですかね。

Gコードを自分で打ち換えればいいのか。面倒だなぁ。。。

そういう処理をしてくれるスライサソフトはないもんだろうか。
有償のSimplify3Dとか気になるんですよね。
持ってる人は教えてくれないかなぁ。。。

MAESTRO デュアルエクストルーダのフィラメント混ざりについて

以前にどこかで書いたと思いますが、MAESTROのデュアルエクストルーダでは造形物とサポートを
別々のフィラメントで出力することが出来ます。
デュアルエクストルーダの醍醐味の一つですね。

しかし、造形物のフィラメントとサポートのフィラメントが綺麗に切り替わっていないことが分かりました。

そこでサポートに何か手がないかを確認してみました。

ここまでは以前の話。

問い合わせしたら翌日に回答がありました。
対応早いですね^^

回答によると、Expert設定項目にあるWipe&Prime tower volume per layerという数値を大きくするといいよとのこと。
そもそもこの設定はなんじゃらほい?と思い、ググってみると、
デュアルエクストルーダの場合、2色フィラメントを使う際にはフィラメントの切り替え時に捨て場を作ります。
この捨て場の大きさ(面積)を大きくすることで、フィラメントを確実に切り替えるということらしいです。

初期値は50ですが折角なのでいくつかのパターンを試してみました。

rps20171004_222912.jpg

rps20171004_222944.jpg

rps20171004_223009.jpg rps20171004_223033.jpg rps20171004_223100.jpg

右からWipe&Prime tower volume per layerの設定値が10、50、90です

横軸がWipe&Prime tower volume per layer、縦軸がZ hop when retractingです。
Wipe&Prime tower volume per layerは10、50、90、Z hop when retractingは、0、0.1、0.5です。

ちなみに急に出てきたZ hop when retractingとは、Retract動作(フィラメントを出さずに移動する動作)の際にZ軸を
どのくらい持ち上げるかの設定です。

結果を見ると、Wipe&Prime tower volume per layerが10だと緑になるべき造形物がオレンジ色ですね。
完全に混ざってます。これはこれでありかも知れません(笑)

50と90はそれほど差が無いように見えますが、肉眼で見ると50はやや赤みがかって見えます。
90でも完璧ではなく、若干赤が混ざってます。

Z hop when retractingの設定値による差は、残念ながら判別できるほどの効果はありませんでした。

なぜこの設定を検証に加えたかと言うと、Wipe&Prime tower volume per layerで作った捨て場から造形物に
移動してくる際に、ノズルにサポートのフィラメントをくっ付けてしまって混ざっているように見えるのではないかと
考えたからです。
が、目に見えるほどの効果はなく、残念でした。

となると、Wipe&Prime tower volume per layerをとことん大きくすればいいのかと言うと、50と90の差を見れば
これ以上はそこまでの効果も得られないような気がします。
なにより無駄なフィラメントが出まくりです。

何かいい手はないものか、ググっても一切出てきませんね。
困ったものです。

なお、このフィラメントの混ざりと一緒にサポートに尋ねたことがあって、サポート有で造形した際にサポートを作る
場所は当然サポートのフィラメントを使うのですが、サポートを作らなくなっても空動作として捨て場だけは作ります。
これはなんとかならないの?と聞いていました。
答えは、なんともならないでした。
現在のCuraのバージョンではそこに対応した設定値はないとのことでした。
ここがなくなるだけでもフィラメントの混ざりは少しは改善されると思うんですけどね。

俺が気にしすぎなんだろうか。。。

サポートとしての出力ではなく、2色としての出力で造形すれば綺麗に分かれて出てくれるものなんだろうか。
なんともすっきりしないですが、これ以上サポートでのテストをしても先に進めないので、一度2色の方をやって
みますかね。

MAESTRO と言うかCuraの有能さ?

とある自治体のゆるキャラでスタンプを作ってみました。

機種はUP Plus2とMAESTRO(スライサはCura)。

UP Plus2は普段からminneで販売しているクッキー型を作っているので問題なく作れるだろうと思っていましたが、
MAESTROやTrinusではこれまで同じものを作ることが出来ませんでした。

どこがダメだったかと言うと、クッキーの抜き型は細いラインを10mmの高さで製作しますが、
この細いラインと言うのが曲者で、UP Plus2には「thin wall」という項目にチェックを付けると細い壁をラインをなぞるように
動作して綺麗に作るようになります。
しかし、他の2機種は細いラインを面としてとらえ、面を塗り込むように動作するので細いラインがギザギザになってしまいます。
場所によってはギザギザが歯抜けになることもあります。

ところが、MAESTROをデュアルエクストルーダにした際にCuraをスライサとして使うことになったことから、
Curaでも同じことになるのか試してみました。
プレビューで見ると問題なくラインとして成型するようになっています。

では、いざ出力!!

rps20170929_174658.jpg   rps20170929_174718.jpg

左がUP Plus2で右がMAESTRO(Cura)
パッと見、どちらも同じ感じに出来ています。強いて言えばMAESTROの方は糸引きがあるというくらい。
この糸引きを取ると、
rps20170929_175403.jpg

こんな感じ。
所詮糸引きだからなと舐めてかかったら、がっちりくっついてました。

以前までのMAESTROではこうはいかなかったと思うんだけど、スライサソフトを変えるだけで作れなかったものが
作れるようになるんですね。ちょっと勉強になりました。

確かTrinusもCuraが使えたはずだから、今度はTrinusも試してみた方がいいかもですね。

ちなみに、全体的には単純なラインだけど、中央にある文字の出来栄えが気になりました。
拡大すると、
rps20170929_184209.jpg UP Plus2

rps20170929_184254.jpg MAESTRO(Cura)

「市」「P」「R」は文字としても単純なのでどちらも綺麗に出ています。
反転しているのは、スタンプだからですよ^^

それ以外の4文字はいずれも完全に綺麗にとは言えませんが、MAESTROの方が若干読めそうな感じです。
もう少し文字を大きくするかノズルを口径の小さいものに変えられればより綺麗に出そうな気がします。
ノズル口径はいずれも標準装備の0.4mmです。
MAESTROはどうも0.2mmがあるようですが、Shopに正式に記載がないんですよね。
サポートに連絡すれば購入できるのかなぁ。。

UP Plus2は公式にはノズル口径の小さいものは販売していないので、これ以上綺麗に作るのは無理ですね。
残念です^^;
プロフィール

村人A

Author:村人A
3Dプリンターを使って色々作る中でのドタバタ、試行錯誤、ばったいいかんところを書いていこうと思ってます。
作ったものはminneで売ってますよ^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
オリジナル商品ショップ
スポンサーリンク

 

 

DMM.make 3Dプリント